上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるほくろの色んな手術方法、レーザー、アフターケア。

女性にとって外見の悩みは大きな問題となっていますが、そのような悩みの  
ひとつとしてほくろがあります。   
 
通常のほくろであればあまり気にならないと思いますが、顔に大きなほくろ
があったりする場合には悩んでしまうと思います。

ほくろを取りたいと思っても病院で行われるほくろ除去の方法では、メスを使
ってほくろを切除するとかレーザーによって焼いたりするので、なんとなく怖
いと思われる人も多いと思います。

費用も結構かかるのではと思う人も多いと思います。

でも、わざわざ病院に行かなくてもほくろを除去する方法というのはあるの
です。

例えば、カソーダと呼ばれているひまし油と重曹を混ぜたものを使用して
ほくろ除去をおこなう方法があります。

また、もぐさを使用してお灸によってほくろを取る方法もあり、もぐさは
鍼灸師ではなくても誰でも使用できるものとなっています。

もし、この方法を行う場合にはもぐさの取り扱いには十分気をつけるように
して火傷などしないように注意しましょう。

他にも、漢方のクリームを使用してほくろ除去を行う方法や、WMVと
呼ばれているクリームを使用する方法も海外では有名となっています。

ほくろ除去の方法には実にさまざまなものがありますが、それぞれメリット、
デメリットがあります。

ほくろの状態によっても、合う方法、合わない方法とがありますのでよく
確認するようにしましょう。

目立つところにあるほくろを取る際にクリームを使用する場合は、目立たない
ところにあるほくろにパッチテストをしてからおこなう方がいいでしょう。

ほくろ除去の方法として、レーザーを使用した除去手術が主流となってきて
いますが、この手術の場合には、ほくろを除去した後の傷あとが気になる
という人も多くいるのでは。

レーザーを使用したほくろ除去をおこなった場合には、ほくろ除去した後の
傷あとは凹んで赤くなりますが、この赤みは次第に目立たなくなり、2週間も
経てば傷あとも治ってきます。

レーザーでほくろを除去した後の傷あとをきれいにさせるためには傷あとを
保護する必要性があり、そのためには紫外線対策をしっかりと行うというこ
とがポイントとなってきます。

傷あとを保護するには、日焼け止めクリームを塗った後、サンプロテクターと
呼ばれる肌色の目立たないテープを貼ります。

サンプロテクターを貼らないでいると、傷あと部分に色素沈着が起こって
しまい、きれいに治らない可能性があります。

サンプロテクターを貼っている間は、ずっとスッピンでいないといけないかと
思われるかもしれませんが、サンプロテクターの上からメイクができますの
であまり心配はないようです。

サンプロテクターなどで紫外線に気をつける必要性があるのは、ほくろ除去
を行ってから半年くらいまでの間と言われています。

ほくろ除去を行ってから半年くらいの間は、傷あとの皮膚も弱く、色も周りの
皮膚の色とは同化していませんので、そのような状態で日焼けをしてしまうと、
色素沈着が起こってしまい、せっかく取れたほくろのところにシミができて
しまいます。

病院を決める際には、そのようなほくろ除去後のアフターケアもしっかりと指導
してくれるような病院を選ぶ事が重要となってきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。