上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落とし込み 喰わせサビキ イワシ.アジの釣り方

福丸観光漁業や三邦丸などの落とし込みライト 落とし込み 喰わせサビキ イワシ アジ の釣り方かけ方

知っている人もいると思いますが、
落とし込み釣りや喰わせサビキとは、空針やサビキ仕掛けで、まず餌となるイワシやアジをかけ、かかったと感じたら、ボトム(底)まで落とし込み、狙いのヨコワ・ブリ・メジロ・ハマチ・カンパチ・真鯛などを狙うという釣りです。

落とし込みライトは福丸観光漁業、喰わせサビキは三邦丸~。

まずは餌となるベイ卜(イワシやアジ)をかける釣りから始まります。

水深はだいたい35から50m前後のポイントですかね

餌となるベイ卜(アジやイワシ)は船頭の指示棚でかけます。

そして船長の支持で仕掛けを投入!

探見丸があれば有利。

ベイト(イワシやアジ)のタナまで落としたら、さーっと早くフォール、落とすのがポイントで、魚の習性をうまく使います。

1回目の投入でベイ卜(イワシやアジ)を空針やサビキに掛ける事がでできなければ、同じ棚を何回も上げたり落としたりして、イワシやアジがつくのを繰り返します。

餌が付くと竿がブルブルと震え始めます。

その次に焦らない事です。

じっと待つのがいいのです!

船頭の指示やアドバイスをしっかり聞いておきましょう!

大物の棚は1~5m底から上。

イワシやアジが暴れ出すではありませんか!

この瞬間がたまりません!

そしてしっかりとベイトのイワシやアジが喰われるのを待ちます!

あわせはそんなにいりません。

電動のスイッチを入れた時にも食い込みますからね。

あと大事なのはドラグの調整です!

引っ張って少し出るくらいがいいです。

無理なやりとりをすると落とし込みライトでは糸が切れます。

しっかりドラグの調整はしておきましょう!

最後に上がって来た魚は、これです。



まな板から、かなり飛び出していますね~。

70cmの真鯛です。
この真鯛は福丸観光漁業の落とし込みライトで釣りました。人気ですよ~福丸さん!

三邦丸の喰わせサビキも人気です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。