上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるほくろの毛やがんの注意点

ほくろに生える毛で悩んでいる人は意外におおいのではないでしょうか?  
ほくろ自体がデリケートなもののため過度な刺激はさけなければなりません。
気になるからと言って無理に抜いたり剃ったりするのはできるだけ避けましょう。
一般的にほくろに生える毛は「副毛」といわれ、縁起がよいといわれているようです。
が、しかし実際ほくろに毛が生えるといくら縁起が良くても見栄えが良くないため気になりますよね。とくに女性の場合は大きな悩みの種だとおもいます。
しかしほくろの毛を抜いたりカミソリで剃ったりすることはおすすめできません。
ほくろにそういった物理的刺激を与えることで悪性化する危険もあるといわれているからです。気になる場合はハサミで限りなく根元を切るなどして対処するかほくろ自体を除去してしまう、または電気針による脱毛をしてもらうと良いでしょう。
間違ってもレーザー脱毛は受けないように!
ほくろに生えてきた毛を無理に引っ張って抜いたり、剃ったりして処理するのはあまり良いとは言えないそうです。たとえ良性であっても繰り返し刺激を受けることで悪性化することもあるからだそうです。くれぐれも無理に抜くことはやめましょう。
ほくろに生えている毛は有毛性色素性母斑と言われるそうです。ほくろはメラニン色素の影響で発生するもので、メラニン色素はもともと毛を作りだすものであるためほくろに毛が生えることは珍しくない普通の現象だといえます。むしろほくろは毛の生えやすい環境であるため一度生え始めると長く成長していくこともあります。
ほくろに生える毛は成長が早く、長く太くなる場合があります。
これはほくろそのものが毛を作りやすい環境にあるためだそうです。
あまりにほくろに生える毛が太く気になるようであれば抜いたり剃ったりせずにほくろを除去することをおすすめします。
ほくろが良性のものでできている位置に愛着があるというならば、電気針による根絶脱毛をおすすめします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。