上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者の年収っていくら?相場って?

医者といえば高給取りのように見られていますが、日本の医師たちはどの位の給料を貰っているのでしょうか?      
        
人事院の調査では、勤務医の平均月収は約86万円となっています。ボーナス抜きで考えたとしても、年収は1千万円を超える計算です。

同年代のサラリーマンの平均月収が40万円前後である事を考えると、かなりの高収入であると言えますね。

厚生労働省の調査では、医師の平均年収は1228万円との試算です。

やはりどう少なく見積もっても、医者は年収1千万円以上の高給取りな職業である事に間違いは無いでしょう。

開業医ともなると、月収は250万円という試算もあります。

医者の世界は常に新しい医療技術を学ばなければならず、一生涯勉強し通しの世界です。

しかし、その苦労に見合った報酬は十二分に得られる世界でもありますよね。

かつては月収は10万円以下だった研修医も、月収30万円程度にするよう国の勧告が下りました。

徹夜勤務は当たり前の研修医の勤務状況を考えると、明らかに労働基準法の最低賃金を下回るような状況でしたから、ようやく改善の兆しが見え出したことになります。

そして研修期間終了後、正式な医者になればすぐに月収50~60万円に跳ね上がります。

すごいですよね。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。