上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生協保険の検討~生協保険が得な理由~

ふだん、皆さんがお店や宅配でお買い物をされているコープで、いろいろな保険商品をご案内しているって、ご存知ですか?
意外と知られていませんよね。
「コープの共済なら知ってるし、うちも加入してるけど、保険もあるなんて知らなかった!」そんな印象を持つ方が、まだ多いのではないでしょうか。
コープの「保険」について、コープが保険を取り扱う理由や、組合員さんにとってのメリットについての説明です。
コープが取り扱うさまざまな保険の中には、コープを通じて加入すると「団体契約」「集団扱」「集団取扱」が適用され、月々の保険料がおトクになる商品があります。

組合員さんが集まって入れば、保険料がおトクになる。
コープならではの「共同購入商品」そのものと言えるでしょう。

例えば自動車保険では、組合員さんの場合、集団扱により保険料が一時払いで一般契約に比べ約5%お得になります。
また月払いの場合でも、通常なら割増となる保険料が、コープを通じての加入なら、割増料金が発生しないんです。(ダイレクト系自動車保険の場合は、適用されないものもあります。)

ほかに、さまざまなケガに対応するコープの団体傷害保険「あんしん生活」、やがんに対応するコープの団体「がん保険」(1年契約用)などのコープ・オリジナル保険にも、割引が適用されます。
ちなみにコープの団体傷害保険「あんしん生活」は、日本コープ共済生活協同組合連合会が、コープの団体「がん保険」(1年契約用)は各生活協同組合が「団体保険契約者」となり、特定の保険会社が「引受保険会社」となる商品です。

また、テレビCMなどでおなじみのアフラック終身医療保険「EVERシリーズ」、「がん保険f〈フォルテ〉」、Lightフィットプランなども、「集団取扱」となります。

類似保険より50%もおトクな商品も!
「おトク」という視点でコープの保険商品を見回した時、ぐ~んとクローズアップされるのが、コープの団体傷害保険「あんしん生活」。
日本コープ共済生活協同組合連合会が「団体保険契約者」となり、共栄火災海上保険(株)が「引受幹事保険会社」となって取り扱っている商品です。

この商品には、'08年12月末現在で、なんと全国約50万人のコープ組合員さんが加入しています。
そのパワーが結集した「団体契約」ですから、画期的におトクな保険料が実現しています。

どのくらい割安かというと、引受幹事保険会社である共栄火災海上保険会社(株)の類似商品『家族傷害保険』で、ほぼ同内容の保障プランを比較すると、実に約 50%も保険料が割安になります(一部保障内容が異なります)。
これこそ「団体契約」の大きなメリットであり、コープならではの「共同購入」のメリット。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。