上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる様々な祝儀の金額

「祝儀袋について」

祝儀袋と聞いて、まずどんな場面で使うことを想像しますか?祝儀袋と言えば、結婚式ですね。結婚祝を渡す時に、祝儀袋にお金を包むイメージです。ご祝儀は結婚式だけではありません。祝儀袋(ご祝儀)は、結婚祝、出産祝、入学祝、卒業祝、七五三、誕生祝など、様々な祝儀袋があります。ただ、祝儀袋そのものに大差はなく、仮に出産祝の祝儀袋を結婚祝の祝儀袋として使ったとしても、違和感はなさそうです。ただ、祝儀袋の外見は大差がなくても、中身の金額は、かなりの違いがあります。ここでは、結婚祝と出産祝、その他のご祝儀の金額の相場について紹介します。


「ご祝儀の金額・相場」

ご祝儀に包む金額の相場はどれくらいなのか?
結婚式での「結婚祝」の金額の相場を紹介します。
兄弟・姉妹へのご祝儀:50,000円
いとこ:30,000円  友人・知り合い:30,000~50,000円
上記以外の親族:30,000~50,000円  会社の同僚:20,000~50,000円
結婚式の格式、自分の立場、相手の立場等をふまえ、決めましょう。

「出産祝」のご祝儀の金額の相場を紹介します。
兄弟・姉妹:10,000~30,000円  親戚・いとこ:10,000~20,000万円
友人・知人:5,000~10,000円
これも自分の年齢や立場などを考えてご祝儀の金額を選びましょう。

成人式のときに贈る成人祝は、10,000円です。入学祝のご祝儀の金額の相場は、親族なら10,000円、親族以外なら5,000円です。その他のお祝い事のご祝儀は、10,000円が相場です。ここで紹介したご祝儀の金額は、あくまで相場です。各家のしきたり等がある場合は、それに従って下さい。


「ご祝儀のお金に関するマナー」

ご祝儀の金額の相場はアバウトなものなのです。例えば、若い方々よりも、年齢が高い方々の方が当然ながら、収入は多いわけですから、ご祝儀の金額も自然と高くなるようです。部長・専務クラスの方々と、働き始めたばかりの方々のご祝儀の金額の相場の差は歴然です。
また、地域ごとに見ても、実は多少の差があるようです。北海道は、ご祝儀の金額が少し低く、中部地方は、ご祝儀の相場が若干高いようです。

祝儀袋を選ぶときですが、祝儀袋そのものの値段は、中身の金額の1%の値段を選ぶのが望ましいです。また、周知の事実かもしれませんが、ご祝儀で包むお金は、新札を用意しましょう。逆に、香典は新札はNGです。なぜかというと、亡くなるのを予想して、新札をあらかじめ用意しておいたというニュアンスを含むからだそうです。

披露宴に欠席する際のご祝儀の金額の相場も紹介します。
甥・姪:30,000~50,000円 その他の親戚:5,000~10,000円 友人:5,000~10,000円 同僚・部下:2,000~3,000円

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。