上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重たい肩こり解消に効く漢方薬とは?

重たい肩こりや辛い肩こりに効果効能の漢方薬とは何か?
  
まれな例、腫瘍が脊髄に出来ていたり、肺ガンが悪化して肩付近まで腫瘍が膨らんで肩が凝る例もある。

この場合もシビレや鈍痛が続くなどの自覚症状がある。

シビレは神経の圧迫

シビレは神経の圧迫が主な原因で、まずはそれを治療する必要がある。

神経の圧迫を引き起こす病気の代表例は『胸郭出口症候群』。

ひどい肩こりを訴えて整形外科を訪れる人の約2~3割がこの病気だという。

肩の鎖骨と胸の肋骨が近づきすぎて、間を通っている神経や血管が圧迫されてしまう病気。

この病気は、なで肩で首が細い女性に多い。

首の筋肉が弱いと鎖骨を持ち上げることが出来なくなり、鎖骨が下がってしまう。

この結果、肋骨と鎖骨が近づいて神経の通り道が細くなり、シビレやうっ血などを引き起こす。

一般的には首の筋肉を鍛えれば対処できるが、苦痛がひどいときは肋骨を手術で切除して、神経の通り道を開けてやる必要がある。

また『頸肩腕症候群』と呼ばれる病気もある。慢性的に頸の筋肉が緊張することで、頸椎が変形してしまう病気だ。

普通なら緩やかにカーブしている頸椎が、頸の途中で曲がってしまいバランスが悪くなる。

それによって肩こりや痛みなどの症状が出るという。この病気の患者も頸を伸ばしたり、頸の筋肉を鍛えることで症状を改善することが出来るという。

若い人の肩こり

肩こりはどうして起こるの?

首から肩にかけて筋肉が張り、重苦しい感じになるのが肩こりです。

個人によって場所や範囲もずいぶん異なり、首の後ろのこともあるし、肩関節に近い肩胛骨の上部のこともあります。

首の姿勢や気苦労など原因は様々です。

中高年の場合には、頸椎椎間板の老化が原因のことが多いのですが、若い人では首の姿勢の問題がよくみられますね。

リラックスした状態では、頸椎はふつう、体の前方に湾曲しています。

相談者のケースは体の後方に湾曲しているようですね。

この場合、首の後ろの筋肉は常にのびて緊張状態になっています。いわば、ずっと中腰になっているのと同じで、それが肩こりにつながっていると考えられます。このような姿勢の肩は珍しくありません。

体型も関係しているのですか?

なで肩の方に肩こりを訴える人が多いようです。

肩が下がっていて筋肉が緊張している状態になり、凝りやすいのです。これも若者に多いですね。

治療にはまず、整形外科で診察を受け、原因をはっきりさせることが大切です。複数の原因が合併していることが多いので、疑わしい原因を一つ一つ排除して行きます。

大半は運動で改善

肩を動かす体操も効果がある。

(1)首をぐるりと回す。
(2)肩をすくめゆっくり戻す。
(3)腕を大きく振って深呼吸する。
(4)腕を前後にゆっくり振り上げてから振り下ろす。

という手順を毎日5~10回続ければ多くの場合肩こりは解消する。しかし「運動を2週間続けて全く改善しない時は、病院に行った方がいい」とアドバイス。

一番手軽なのが内服薬です。

肩こりは筋肉の緊張が続いている状態ですので、筋緊張弛緩剤が効くかどうかみます。血液の循環を良くするビタミンEの投与も試みます。

原因が特定できない時は負担の少ない治療法から始めて最適な治療法を探っていきます。

静電気も原因

(1)衣類の組み合わせが大切です

「組み合わせる衣類によって、静電気の発生量が変化します。静電気が多いと衣類が肌にくっていて動きにくくなり、肩こりなどの原因となります。」

(2)帯電

「(+)に帯電する衣類」・・・・・・ウールやナイロン
[ウール(毛)][ナイロン][レーヨン]  ↓
人体    ↓ 
[綿]・・・・(+)にも(-)にも帯電しにくい衣類:[綿][アセテート]
[アセテート]  ↓
[革][絹]  ↓
[ポリエステル][アクリル]
「(-)に帯電する衣類」・・・・・[ポリエステル][アクリル]

(3)例えば、ポリエステルの下着の上に毛100%のセーターを着ると、(+)と(-)が反応して静電気が起こり、筋肉を圧迫します。
その結果、動きにくい・肩が凝るなどの症状が出てきます。

(4)上の例で、下着とセーターの間に[綿]の衣類をはさむと、(+)と(-)は反応しなくなり、静電気は起こりません。

(5)静電気防止スプレーを利用するのもおすすめです。

針灸のツボ
“昔から三焦については諸説まちまちで、不明瞭であったが、私の研究では三焦は乳糜管と関係があるということが分かった。

下焦というのは小腸の乳糜管のことで、乳糜管の流通が悪くなると血が滞る。即ち血の病という病を起こす。

だから血の道をおさめるには、左手の陽池と腹の中とへ灸すえて下焦を調えれば、乳糜管の流通が良くなって治る。

血の道の人が左肩へ凝るのは、下焦の滞りのためです。

それで、乳の出方にも関係があるのです。

下焦を調えると乳の出が良くなります。

それどころか帯下の降りるのが止まります。帯下の降りるのは乳糜管の停滞によるのです。”

!肩こりの漢方薬!

通治薬 肩こり一般   葛根湯

高血圧ぎみの方   太鼓腹、便秘、声が大きい  防風通聖散
顔赤黒く、顔色が悪い、便秘            通導散
顔色きたない、神経質、便秘ぎみ            大柴胡湯
のぼせ気味、便秘、軟便                黄連解毒湯
のぼせる、便秘、硬便                   降圧丸

右がこるのか、
左がこるのか? 右側のこりが多い         大柴胡湯
左側のこりが多い                   桂枝茯苓丸
両方がこることが多い                   当帰芍薬散

肥満ぎみの人 美食家、太鼓腹          防風通聖散
                              防風通聖散+葛根湯
愛煙家                           通導散
ストレスが多い                       大柴胡湯

首の横から
肩にかけてこる 便秘ぎみ                大柴胡湯
食欲がない                       小柴胡湯
腹痛、頭痛がする                   柴胡桂枝湯
片頭痛、足が冷える。胃切除後            延年半夏湯

首の後ろから
背中にかけて凝る 頭痛、さむけ          葛根湯
体力なく、胃腸が弱い                  桂枝去桂加茯苓朮湯

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。