上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンプダウンは応急運転、試運転ボタン

エアコン、クーラー取り外しガス回収、ポンプダウンの方法について。
 
引越しや移設などポンプダウンなしでは作業は出来ません。正しい方法でポンプダウンを。

室内機側の前面パネルを開け応急運転、試運転ボタンがあるかを確認。

無ければ室内機前面パネルを開け、温度センサーを指で摘むかドライヤーで暖めます。
 
ポンプダウンは冷房運転!

応急運転、試運転やサーモを指で摘む場合も冷房運転でポンプダウン。

まずマニホールドゲージを用意。

室外機側配管接続部の左下のサービスポートがあるので、マニホールドゲージの低圧側(Lo)とサービスポートを付属のホースで接続。

手前2つのバルブの六角ナットを開け、2分の細い方のバルブに4?の六角レンチでバルブを全閉にします。

用意が出来たら冷房運転を開始。

マニホールドゲージの低圧側(Lo)のバルブを開けて圧力を良く見ておき、3分の太い方のバルブを閉めるまで冷房運転を続けます、ゲージの圧力が約0MPa(0kgf/cm2)になったら3分の太い方のバルブを全閉。

3分の太い方を全閉したら運転を停止しマニホールドゲージを取り外します。

マニホールドゲージがない場合は約2~3分程冷房運転を行います。コンプレッサーが正常であればすぐにガスが戻ります。
気になる方は、
エアコン・クーラーの設置-取り付け取り外し方
http://non23.com/ へ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。